ミネラルウォーター 乳児記事一覧

ミネラルウォーター 乳児

ミネラルウォーターを乳児に与える場合、もしくはミネラルウォーターで粉ミルクを調製する場合には、かならず軟水(硬度が低くミネラルが少ない)のミネラルウォーターを使います。

硬度の高いミネラルウォーターの場合、乳児の内臓は未熟なため、消化とくに腎臓への負担が大きくなります。
また、国内の粉ミルクは水道水(硬度約60)を煮沸して乳児にミルクを与えることを想定しているため、同じくらいかそれ以下の硬度の軟水を使うことがオススメです。

ちなみに大人でも、もともと石灰岩の多い地域でずっと生活している人は水道水の影響で胆石ができやすいようです。何事も取り過ぎは良くないものです。

国内のミネラルウォーター・天然水はほとんどが軟水です。
また、海外ミネラルウォーターでもボルヴィックやクリスタルガイザーは軟水です。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。